動物の殺処分

皆さんは、動物の里親探しの団体があるのを御存じですか。

倒産したペットショップや、迷子の犬や猫、ブリーダーが手放したなどあらゆる原因があり飼い主が見つからない動物を保護する団体です。

保健所につれて行かれると処分されてしまいます。

国は安楽死を認めていますがそうではありません。

ガス殺は、10分から15分苦しみ悶えながら死んでいくのです。

決して埋葬される訳ではありません。産業廃棄物としてゴミ同然の扱いになってしますのです。

道でウロウロしている所を捕獲される場合もあります。

しかし、県によって違いますが保健所に持ちこまれるケースもあるそうです。

保健所の殺処分について反対の声を上げている人の記事を読んだ時は衝撃でした。

保健所によって持ちこむ日が決まっているそうです。

そこで取材を続けた人の話では、朝から続々と犬や猫を保健所に持ちこんでくるそうです。

持ちこむ人は様々で、その理由も様々でした。

飼っているペットの猫が大量に子どもを産んでしまった為、近所に捨てられていた、散歩に行けないのでここに連れてきた・・・

理由は様々でした。

ただ、皆そこに何かしらの飼えない事情だけがありました。

この動物たちがこの後どうやって処分されるか知っていますか?という問いかけに対し「安楽死でしょ」と答えたそうです。

安楽死出は有りません・・・苦しみながら死んでいくのです。

飼い主に見取られる事も無く、ガスを注入させられて鳴きわめきながら死んでいくのです。

これについて皆さんはどう思いますか。

ずっと家族として生活してきたペットを人間のただ飼えなくなったその理由だけで殺してしまう・・・。

ペットや動物は、人間と違い自殺したりする事は出来ません。

自ら命を絶つ事は無いのです。

しかし、このように人間の手によって必要とされなくなったペットたちは処分されて行くのです。

もう一つは、保健所に持ちこまれる犬の大半が白い犬だと言う事です。

今、携帯のCMで人気がでた白い犬がきっかけだと思います。

持ちこむ理由として「喋らないから」「ウンコをするから」などととても当たり前の理由を述べたそうです。

思っていたのち違うと言う理由で、どうしてのこのこと保健所に持ってくる事が出来るのでしょうか。そんなすぐに捨てる様な人にペットを飼う権利は無いと思います。

最近では、徐々に殺処分が減ってきているみたいなのですが動物の殺処分を完全にゼロにするのはまだまだ時間がかかりそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*