動物虐待ということ

悪徳ブリーダーの話を知っていますか。

悪徳ブリーダーは、犬や猫を劣悪な環境で育て大量に子どもを産ませてお金儲けだけを考えているブリーダーの事です。

こんな人達が本当にいるのかと疑ってしまうくらいのものです。

ブリーダーという仕事は、ちゃんとした環境で育て子どもを動物に産んでもらいペットショップ等が販売用に買うと言うものです。

なかなか、命あるものなので「買う」と言う言葉や「生産する」等の物に対して使う言葉を使いたくは有りませんがそう言う事です。

ちゃんと動物の気持ちを考えているブリーダーさんは多くいます。

ある程度の広さのゲージで育て、ちゃんと散歩もさせます。

ペットフードもけちる事なく健康管理もちゃんとしています。

買い手の事を考えてアフターケアーもちゃんとしています。

これが本来のブリーダーのあるべき姿なのです。

しかし、小型犬の流行とともに知識の無いブリーダー達が多く現れました。お金儲けの為に小型犬を低コストで大量生産し始めたのです。

これが悪徳ブリーダーと言われる物です。

この悪徳ブリーダーの実態は、本当に酷いものでした。

小さなゲージに何匹も犬や猫を飼っています。糞や尿もそのままで処理もしません。

走りまわれないくらいの狭いゲージにきゅうきゅうに詰められて、ストレスが溜まります。

ケンカをしてケガをしても病院には連れて行きません。

衛生面が最悪でお風呂にも入っていないので皮膚病になり毛が抜け落ちてしまっていたりしています。

毛がないのでとても寒いでしょう。

ペットフードもすごく少量しか与えません。コストを削減する為です。

水もほとんど与えていない状態です。

ゲージの掃除をしていないのでウジ虫もわいてしまっているそうです。

そんな中、交尾をさせ年に何回も子どもを産ませるのです。

生まれるとすぐに子どもと引き離されてしまい、子供は売られてしまいます。

子どもを産めなくなった犬は、捨てられるか処分するかどちらにせよとても可愛そうな結末を迎えさせられます。

動物を命のあるものだと思ってないのです。

とても、やりきれない気持ちになります。

この様な人が日本の何処かでまだこの様な事をしてお金を稼いでいます。

最近は、チワワやトイプードルなどの小型犬がとても人気です。

しかし、その子たちのお母さんは何処にいるのでしょうか。

今一度、考えてみてください。この様な人間と思えないやり方でお金儲けをしている事を。

あなたのペットは大丈夫ですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*