ペットは癒し

動物は、本当に癒しがある動物です。

ペットを家で飼っている人は、その意味が分かると思います。

子どもがいない家庭では、犬や猫を飼っていることが多いです。

子どもの代わりと言うと語弊があるかもしれませんが、寂しさを埋める事が出来たり、癒しがあったりするものです。

動物は人の心がわかると言います。悲しそうにしていたり、泣いていたりするとそっとそばに寄ってきて慰めてくれたりするそうです。

そっとそばに寄り添うようにして、何もせずただひたすらそばにいてくれるそうなのです。

私は、犬や猫のようなペットを飼った事はありません。

金魚やハムスター等は飼った事があります。

あまり感情を出さないペット出したが名前を付けてとても可愛がっていました。

今は、何も飼っていませんが何人か犬を飼っている友達がいます。

やはり、とても癒されるそうです。

仕事がとてもしんどい時や、プライベートで何かあった時、いつもそっとそばに来てくれるそうです。

いつも無邪気で元気なわんちゃんを見ていると元気になってくるそうです。

動物の力って本当に凄いですね。

この動物の癒しの力を利用した治療法もあるのです。それをアニマルテラピーと言います。

最近では、医療に直接結びつかない様なものに癒しの効果がありそれを治療に取り入れると言う様な動きも沢山あります。

音楽療法もその一つです。音楽の力で病気を和らげると言うものです。

音楽の力で病気を感知出来るまでには行かないものの和らげる効果は絶大なのだそうです。

特に、障害を持っている人達のケアやうつ病などの精神的な物も和らげる効果があるそうです。

これと同じ様にアニマルテラピーも今、注目を集めています。

動物の癒しの力を借りて障害者のケアやリハビリ、認知症やうつ病等の精神疾患がある人のこころのケアや支えになるそうなのです。

人間には入る事の出来ない小さな心の隙間や穴を動物が埋めてくれるのです。

何も喋らず、人間の話す言葉も通じません。しかし、、動物は心で人間の気持ちを感じているのです。

キャバクラ等の夜の仕事をしている女性で、家でペットを飼っている人が多いのはこの癒しの力があるからでしょう。

夜の仕事をしている友達でペットを飼っている友達がいます。

 

その友達もペットも「動物は絶対に裏切らなくて、いつもやさしい」と話してくれました。

そっと、優しく包み込むような癒しがそこにはあるから人間は犬や猫の動物をペットとして、またペット以上の家族として飼うのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*